HOME > 2001年12月

 

温泉・ビールで忘年山行 幕山 2001年12月8日 

参加者:10名


9:15
湯河原駅集合 駅にトイレが2ヶ所しかない為、大行列。
*電車を降りたらすぐに並んだ方が良いです。

9:25
4番のりば 元箱根行き バス出発(1日6本限定)

9:55
「しとどの窟」バス停下車
トイレタイム(4ヶ所有)。簡単な自己紹介の後、入山。
バスで登った分を戻るかの様に、長い下りが続く。
前日雨が降ったようで、足場が悪く滑り易い。30分程で『しとどの窟』に到着。途中、工事車両に道を阻まれたりもしながら、50分程で大石ヶ平の分岐着。ここからようやく登りとなる。とてもきれいに整備されたハイキングコースで、沢山のハイカー達とすれちがいました。最近、街ではあまり見かけなくなったススキの群生、ピンク色のきれいな実の『マユミ』や、真っ赤な紅葉が彩りを添える中、のんびり歩いていると前方に海が!ということは、もう山頂?自艦水に寄ろうとしていたのですが、分岐を見逃したらしい...。

12:15
山頂到着。千客万来でしたが、目の前には太平洋が広がり、真鶴半島、初島を一望。
風もなく爽快な景色を見ながらのお弁当タイムとなりました。
しかし、気温6℃、あっという間に冷えてきてしまいました。(トイレはありません)

12:55
山頂出発。下り始めたはずが、何故か登り。もしかして!?
やっぱり周回コースでした。
改めて下山。途中、クライミングをやっている岩壁があり、何人かが挑戦していました。講習会もやっているみたいです。
この周辺は梅林なので、梅の季節はすばらしいそうです。

14:00
登山口到着。温泉の方が迎えに来て下さり、あっという間に温泉タイム。露天風呂からも海が見えて、気持ち良かったです。
すっきり汗を流した後は、お待ちかねのカンパーイ!
持ち寄ったおつまみをいただきながら、話題は倒産・リストラから、山での出会いまで広く語らい、楽しいひとときとなりました。

17:10
温泉の方に真鶴駅まで送っていただき、17:25発の電車に乗り、帰途につきました。

| 定例山行記録::箱根・伊豆 | 12:28 AM | comments (0) | trackback (0) |

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER