HOME > 2001年08月

 

北アルプス 白馬岳 2001年8月 

参加者・12名

白馬岳は北アルプスでもたくさんのお花が咲くことで、人気の高い山です。
今回はこの山を一日目の悪天候と二日目の好天候の中、歩きました。

1日目は、大雪渓を通過中に(10時すぎ)から雨が降り始め、次第に土砂降りになり、はては、雷が鳴りだす始末で、足元は滝のように雨水が流れるし、ザックの中まで浸水するなど大変でした。こんなお天気の中葱平付近で確認できたお花は、
ミヤマアキノキリンソウ・タカネシオガマ・ウサギギク・タカネツメクサ・チシマギキョウ・イブキジャコウソウ・ミヤマリンドウ・コバイケイソウ・オタカラコウ・ハクサンフウロ・クルマユリ・ハクサントリカブト
などでした。

二日目は、昨日とは打って変わって、まさかの晴天に恵まれ、皆揃って上機嫌の中、白馬山頂へ。
360度の大展望で、遠くには槍ヶ岳・穂高岳が見えました。
また、鹿島槍ヶ岳・五竜岳などの後立山連峰、近くには、立山・剣岳がよく見えました。
三国境で朝日岳に向かうメンバーと別れ、小蓮華山へ。
この辺りでは、女王コマクサが可憐な姿を見せてくれて、皆は歓声を上げ喜びました。
白馬大池周辺では、ヒオウギアヤメ・チングルマの果穂群に、天狗原周辺では、ワタスゲに出会いました。
さすが花の山、白馬岳と言うだけあって、様々な高山の花に出会えた山旅でした。

| 定例山行記録::北アルプス | 12:17 AM | comments (0) | trackback (0) |

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER