HOME > 2001年07月

 

白い貴公子!甲斐駒ヶ岳 2001年7月30日

参加者:9名

前日の仙丈岳に引き続き、長衛荘に泊まり、前日より少し早めの起床で甲斐駒ヶ岳へ向かう。

4:30 
北沢峠(長衛荘)出発 足下はまだ薄暗い
5:05 
仙水小屋着 小休止  水の補給(オイシイ水でした!)
5:45 
仙水峠着  小休止  針葉樹林帯を登ると、岩がゴロゴロしている登りが続き、越えたところが峠。この辺りから眺望がよくなる。天候にも恵まれていたため、富士山もはっきりと目に映っていた。
7:10
駒津峰着  10分休憩 正面には甲斐駒ヶ岳、背後には仙丈ヶ岳、鳳凰三山、北岳と素晴らしいパノラマが広がる。
8:55 
甲斐駒ヶ岳着 25分休憩 摩利支天からの巻き道コースを登る。白い岩石の砂利道が続き、岩肌からゴゼンタチバナやソバナなどが可憐に咲いていた。山頂は、四方に山・山・山と広がり、八ヶ岳、中央アルプス、北アルプス、富士山・・・それはもう感動的な光景でした。
10:40
駒津峰着 10分休憩 甲斐駒下山途中から中年の女性が同行。(コースに不安を抱いていたその女性を先頭を歩くOさんが優しく導いてくれました。)同行の女性はここで無事友人と合流し、お別れしました。惜しみながら、パノラマの景色を後に双児山へと向かう。ゴロゴロした道を下り、しばらくすると針葉樹林帯を一気に下る。
13:17 
北沢峠着 と同時にバスへ乗車。
14:00 
広河原着 桃ノ木温泉で汗を流し、一路甲府へ。

甲斐駒ヶ岳2001年7月30日

| 定例山行記録::南アルプス | 12:16 AM | comments (0) | trackback (0) |

初めてのアルプス3000メートル峰 高山植物のお花の名前を覚えよう 仙丈ヶ岳 2001年7月28日~29日

参加者 14名

7/28(土) くもり
甲府駅に11:40集合
12:00 タクシー二台で広河原へ。
バスに乗り換え北沢峠下車。 長衛荘泊(2030メートル)

*小屋泊まり組は到着後、夕食までの間今回のテーマである高山植物の花図鑑作成。なんと手作り(!)小屋前のテーブルでみんなで色塗りしたり、工作タイム。一人ずつ図鑑を作りました。


7/29(日) 晴れ

4:45
長衛荘(北沢峠)出発
大平山荘を経由して、樹林帯を登っていく。

*ゴゼンタチバナ

だんだん朝日が射してきて、振り返ると翌日登る甲斐駒岳が正面に!

6:00
沢に掛かる橋を渡り、休憩。雪渓が残っていて涼しい~
このあたりから高山植物多数。

*キバナノコマノツメ
*ミソガワソウ
*シナノキンバイ  などなど

6:20
出発
しばらく沢伝いに登る。
お花がたくさんあるので、その都度図鑑で確認しつつ比較的ゆっくりしたペースで進んでいきました。

*ウサギギク
*ヒメヨシバシオガマ/ヨツバシオガマ
*ハクサンフウロ
*コバノコゴメグサ
*トリカブトも!  その他多数

7:10
馬の背ヒュッテ着 休憩
7:40
出発

ここから徐々に山頂が目に入るようになってきて、もう一息。
かなり高度が上がっているので、雲海の彼方の眺望が見事!
どこも撮影ポイントなので、ついつい写真撮影で立ち止まってしまいます。

途中、雷鳥の親子を発見。
カメラマン続出。。。

8:40
仙丈避難小屋着

ここまで来れば、山頂目前。ここからの景色も十分満足!
それにしても、これまで経由してきた小屋は全て新しくてきれいだったので
びっくり。南アの小屋はいいというのは本当なんですね??

8:50
出発

9:20
仙丈ヶ岳山頂

お疲れさま!無事みんなで山頂に到着。
鳳凰三山、甲斐駒岳、中央アルプス、八ヶ岳、北岳。。。
雲一つない快晴で、最高の景色です。
見える山には、全部登りたくなってしまいますねー

10:00
出発

カールをまきながら下る。ふと振り返る景色が全て「ヤマケイJOY」の紙。
本当にお天気に恵まれて最高♪

11:00
小仙丈岳

11:20
出発

12:15
三合目あたり通過

13:30
北沢峠着

「花の仙丈岳」を満喫した一日でした。
(記録しきれていない花はたくさんあると思います。。)
これ以上ない天気にも恵まれ本当にすばらしい山行でした。

仙丈ヶ岳2001年7月28日~29日

| 定例山行記録::南アルプス | 12:11 AM | comments (0) | trackback (0) |

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER