HOME > 定例山行記録 > 奥秩父・大菩薩 > 10月定例山行 大菩薩 2003年10月18日(土)~19日(日)

<<次の記事 前の記事>>

10月定例山行 大菩薩 2003年10月18日(土)~19日(日)

20031018大菩薩嶺
日程・地域 2003年10月18日(土)〜19日(日) 大菩薩嶺〜小金沢連嶺 

コースタイム
18日 塩山駅925(バス)−955大菩薩峠登山口1005−1025丸川峠分岐1030
   −1230丸川峠(昼食)1330−1500大菩薩嶺1515−1600大菩薩峠
   (介山荘泊)
19日 介山荘715−905小金沢山915−955牛奥ノ雁ヶ腹摺山1005
   −1110黒岳(昼食)1145−1225湯ノ沢峠−1255登山口
   −1400天目山温泉−15:03&1708(バス)−甲斐大和駅

参加者 計10名
10/18 予定時刻、全員無事に満員の100バスに乗込み大菩薩峠登山口へ。抜け
るような青空の中出発。暫く急な車道を登り、丸川峠への分岐を左に折れて岩が
ゴロゴロとした沢沿いの道を進む。尾根へ取り付く道へ入ると樹林帯の急な登
り、高度を上げるにつれて赤く色づいた木々も見え始める。たまに尾根の北東側
が開けて(おそらく)乾徳山や笠取山、唐松尾山辺りをバックに雲海が広がる。久
しぶりの登山日和となるはずが、木々の間から見える空模様は怪しく、途中ぽつ
ぽつと当たるものが。雨だ。丸川峠まであと一登り。草原状の道を進むと丸川峠
へ到着。見事な紅葉に歓声が上がる。雨を避け200払って丸川荘で昼食休憩とし
た。一時雨脚が強くなるが、出発の頃には殆ど雨も上がり大菩薩嶺への登りで雨
具も暑い。小屋から少し登ると南側が開けた。素晴らしい山並みが広がるが、誰
も山座同定出来ない(笑)(南アルプスでした)ここからも樹林帯で展望はない
が、下山してくる数パーティに遭っただけでとても静かな山歩き。標高差300m程
だが、巻き道が続き距離があるのか結構長く感じた。樹林に囲まれた大菩薩嶺に
到着。予定コースタイム通り。記念撮影をして大菩薩峠を目指す。パッと開けた
稜線からは南西側に錦の絨毯が広がった。雷岩、賽の河原を過ぎて一登り、左下
方に本日の宿「介山荘」が見える。混んでいそうに感じたが、蒲団一枚に一人で
とても快適。夕食はコロッケカレー、サラダ等(デザート付)、大菩薩一帯でキ
ャンペーン中で、ワイン一升がサービス(約8名で空けてしまった)翌日の快晴
を祈って就寝。

10/19 5時30分ご来光を拝みに外へ、風も無く気持ちの良い朝。薄赤く染まった
富士山が素晴らしい。今日はロングコース、7時出発予定で慌しく朝食を取り準
備。この日小金沢連嶺へ向かったのは私達以外1組だけ。「この時期はもっと多
いのに」と小屋の若主人。サービス精神旺盛で気持ちが良い(と、皆思ったか
な?)。小屋を後にして熊沢山を登りきると目の前に富士山がドーンと現れる。
石丸峠は気持ちの良い笹原、今日はこれから幾つのピークを越えるのか。天狗山
棚、狼平の草原を経て小金沢山を目指す。尾根の西側を巻きながらのアスレチッ
クコースだ。南端の最高点で再度富士山とご対面。どんどん南へ向けて進む。尾
根道、巻道、笹原と幾つもの小ピーク。牛奥ノ雁ガ腹摺山からは富士山、南アル
プス、八ヶ岳、奥には乗鞍が大展望。縦走路は更に南へ明るい川胡桃沢ノ頭から
最後のピーク黒岳へ。ここでお昼とするが樹林に囲まれていて陽が当たらず肌寒
い。黒岳から白谷ノ丸の明るい草原を抜けて削られた急降下を行くと湯ノ沢峠へ
降り立つ。避難小屋を後に黄葉に囲われた柳木場沢沿いの道を約30分、林道へ出
た。ここから辛いコンクリートの道を約1時間、やまと天目山温泉へ到着。
帰宅組、温泉組に別れて無事山行は終了。この後、温泉組は3時間もまったりと
してしまいました(笑)おかげでお肌がツルツルです。

| 定例山行記録::奥秩父・大菩薩 | 03:36 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/64

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER