HOME > 定例山行記録 > 上越・越後・信越 > 7月定例山行 苗場山 2003年7月26日~27日

<<次の記事 前の記事>>

7月定例山行 苗場山 2003年7月26日~27日

20060726苗場山
7月定例山行苗場山(2145m)
1km四方もある広大で平坦な山頂湿原とお花畑の百名山

日時:7月26日(土)〜27日(日)
参加者6名
コース:
26日(土)
越後湯沢→(タクシー)→和田小屋9:50 10:20→下の芝11:15 11:25→中の芝
12:00 12:25→上の芝→神楽ヶ峰13:00→雷清水13:25→お花畑→苗場山山頂14:00

27日(日)
御来光4:40頃→山頂湿原散策→苗場山山頂7:30→雷清水8:15 8:25→神楽ヶ峰
8:408:45→上の芝→中の芝→下の芝9:35 10:00→和田小屋11:00


26日(土)
前夜は激しい雨。
早朝には上がり新幹線の車窓から見る天気もまずまず。
けれども、国境の長いトンネルを抜けて〜新幹線で越後湯沢に着くと小雨。
タクシー(ワゴンタクシー9人乗り1台7000円)で登山口の和田小屋まで行く。
とりあえず、ここで、レインウェアフル装備で登山開始。
足下は、ドロドロのぬかるみが多く気を遣いながら歩きました。(それでも、靴はどろどろ、ズボンの裾も)
途中、上の芝辺りから雨がやんで、雲の切れ間から青空が見え始めました。
ここで、レインウェアを脱いで簡単にランチ。
神楽ヶ峰を過ぎ道はいったん下りに。
雷清水で水を補給(冷たくておいしいお水です。)
下りきったところがお花畑。
登りではこの日展望は望めなかったのですが、たくさんの花が見られました。
お花畑を過ぎ、苗場山山頂へ向けて雲尾坂の急登。
急登を終え、登り切ったところが苗場山の山頂湿原の一端です。
木道をこの日の宿、苗場山自然交流センターへ行きました。
きれいな小屋で暖かかったです。
混雑を覚悟していましたが、結構ゆったりスペースでした。
夕日が落ちるところは何とか見えましたが、夜はまた、雨が降りました。
次の日の天気を案じながら9時消灯。

27日(日)
朝、空は晴れて、雲の間からでしたが、御来光を眺めることが出来ました。
朝食の前に湿原を木道を歩いて散歩しました。
霧が出たり晴れたりして幻想的でした。
トキソウの生えている場所を小屋の方に教えてもらって、見に行きました。
ピンク色のかわいい花でした。

7時半に小屋を出発し、登りのルートと同じ道を下りました。
下りは、晴れていて気持ちがよかったです。
景色や花の写真を撮りながらのんびり下りました。

和田小屋からタクシーで湯沢駅に戻り、駅の温泉「ぽんしゅ館」で入浴。
そのあと、駅の近くのおそばやさんに行って、へぎそば・マイタケの天ぷら、生ビールで乾杯。

15時05分湯沢発の新幹線で東京に戻りました。

ゴゼンタチバナ、ベニサラサドウダンツツジ、ヒロハウスユキソウ、ヒメシャクナゲ、トキソウ、タテヤマリンドウ、イワイチョウ、ニッコウキスゲ、コイワカガミ、ツマトリソウ、マイヅルソウ、クルマユリ、ウラジロヨウラクツツジ、タカネナデシコ、オダマキ、ハクサンフウロ、…等、たくさんの花に出会えました。

| 定例山行記録::上越・越後・信越 | 03:47 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/36

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER