HOME > 定例山行記録 > 箱根・伊豆 > すっきり秋晴れの箱根 金時山 1999年11月13日

<<次の記事 前の記事>>

すっきり秋晴れの箱根 金時山 1999年11月13日

登山日:1999年11月13日(土)
天気:快晴
参加者:S(リーダー)、H&A(サブ)、O、S、S、H、M、M  計9名

コース: 新松田駅 (バス45分)… 地蔵堂(15分) … 夕日の滝(20分)…分岐(80分)… 丸鉢山(40分)… 金時山山頂…昼食…(15分)…金時神社分岐(15分)… 矢倉沢峠(25分)… 金時登山口(5分)…仙石バス停 (バス60分)箱根湯元駅

最終山行は、晴天続きの99年を象徴するような快晴の中、実施されました。

地蔵堂では “みかん…ちょっとすっぱい昔の味”を買って早速味見したり、Tシャツ姿になったりとそれぞれ準備を整えて出発。夕日の滝の冷たい空気と水しぶきからのマイナスイオンを浴びながら写真撮影。矢倉沢の音を聞きながらしばらく行き分岐で「金時山ハイキングコース」を進み、途中休憩を2回とり丸鉢山へ。登り切った正面には、雪化粧した美しい&雄大な富士山が出迎えてくれました。(今日はここが一番のビューポイント)

いざ金時山へ。しばらくするとアルミのハシゴも含め急な上りが続き、ハシゴ12個目を登るともう頂上です。山頂からは富士山が見えませんでしたが、大涌谷や芦ノ湖、山々の紅葉を眺めながらのランチタイム。金太郎気分でマサカリをもって記念撮影。

下山は足元に注意が必要でしたが、自然と眼に入ってくる鮮やかな紅葉が楽しめました。下山後は箱根湯本「弥次喜多の湯」へ。山でも温泉でもかいた大汗を洗い流し、みんな美しい体になりました。めでたしめでたし。


参加メンバーの感想:

★青空をバックに浮き出た大きな富士山は、幼少の頃見た絵葉書ソックリでした。(Makiko.O)

★今年最後の定例山行もお天気に恵まれ、美しい富士山を見ながら気持ち良く歩くことができました。ところどころ紅葉も見られ、秋の山を満喫しました。この1年、OL登山委員会のおかげでいろいろな山に行かれてとても楽しかったです。みなさんありがとうございました。(Akane.S)

★久しぶりにOL登山委員会の山行に参加だったのですが、にぎやかで明るい!!メンバーとの話題の多い行程がとても楽しかったです。天気にも恵まれ(裾野までの富士山がきれ~でした)、紅葉も見ることができて、(湯本の温泉も含めて)大満足の秋の1日でした。山行部の皆さん、お疲れさまでした。ありがとう。(Ryoko.S)

★ただ一人クルマでの参加となり、下山は同じ道を下りました。人気が全く無くてサクサクと歩き、とても気持ち良かったです。とはいえ、登りには参りました。たかが金時、されど金時。暑さに弱いとはいえ、最後の急登は死ぬかと思いました。なめてはイケません。温泉は渋滞にはまり、みなさんが出た頃に到着し、これまた一人でのんびりと湯につかりました。ここで中年のおばちゃんに話しかけられ、どうやら私が箱根温泉の達人に見えたと言われた。う~ん・・・喜んでいいのか悪いのか。みなさんまた行きましょうね!(Yukiko.H)

★まるで初夏を思わせるような陽気でしたが、紅葉や富士山の眺めなど、秋山の醍醐味をめいっぱい堪能できた山行でした。皆さん、お疲れ様でした。(Masami.M)

★金時山は手軽に登れ、富士山の眺めが抜群なので紅葉の季節は、かなりの混雑。でも、地蔵堂から登ったので、静かな山歩きが楽しめました。登り後半の12個の階段は、なかなかの歩きごたえです。(Yuko.M)

★今年度最後の定例山行、金時山。お天気に恵まれて良かったです。夕日の滝コースは、静かで、それでいてなかなか歩きごたえもあり、いいですね。ハードな山も良し、近郊ののんびり山行もまた良し。これからも、いろいろの形の山行を楽しみたいと思います。皆さん、お疲れさまでした。(Hiroko.S)

★金時山は思いのほか登り甲斐がありました。そう、箱根の山は天下の険~♪なんでしょうか?コース・展望そして山頂の茶屋となかなか楽しめました。(Hisako.A)

★朝から富士山に会えた絶好のLast山行となりました。地蔵堂のみかんもおいしく、のんびり、ゆったり、の一日でした。山行後の温泉も最高でした。ぜひ、みなさんもいってみてください。(Yukiyo.H)

| 定例山行記録::箱根・伊豆 | 09:21 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/16

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER