HOME > 山の話題 > 新緑の山で地図読み講習会

<<次の記事 前の記事>>

新緑の山で地図読み講習会

奥武蔵の日和田山・物見山での地図読み講習会のレポートです。

【日程】5月13日(日)
【講師】 佐々木亨さん
【参加者】 15名
【持ち物】プレート付きのオリエンテーリングコンパス(シルバ製かスント製推奨)、メモ用の油性マジック

9:00 高麗駅集合
まずは準備体操。佐々木さんから1/25,000を2倍した地図を頂き、地図の見方とコンパス操作の基本を習う。その後、5人×3班のグループ分け。

☆ポイント!☆
今回の飯能地域では、真北と磁北のズレの角度である“磁針偏差(西偏)”は約7度10分。距離は1/25,000地形図の場合、4cm=1kmなので、4cmごとに地北線を引くと目安になって良いそうです(ちなみに今回の佐々木さんの地図は2倍になっているので、4cm=500mということになりますね)。等高線の“主曲線”は高さ10mごと、“計曲線”は50mごとに引かれています。

10:10 高麗駅出発
しばらくは車道。さっそく佐々木さんからコンパスを使った問題が出されます。地図上の記号や車道の読み方なども習いました。

10:40 日和田山登山口
トイレ休憩をして出発。気持ちの良さそうな登山道。自分の感覚と、実際の歩行距離がどれくらい違うのか、
肌感覚を養います。金刀比羅神社に到着、ここからの眺めは最高でした!

11:30 日和田山山頂到着
ここも眺め最高!なんとスカイツリーが見えました。等高線の幅と斜度の関係、ピークとコル(鞍部)の違いや、読み方などを習いながら進みます。

12:50 物見山山頂到着
山頂では三角点の確認(東西南北を向いているそうです)。ここで30分ほどランチ休憩。

13:25 物見山山頂出発
さて、ここから班別行動です。佐々木さんが課題を出してくれ、各班が順に先頭になり進みます。班で相談して、佐々木さんから指定されたポイントまで地図を読み、ポイントを1メートル単位で指定していきます。佐々木さんの説明がないと、やっぱりなかなか難しい~!でも皆、結構上手でした。

14:00 北向地蔵

15:30 ユガテ
このころになると、皆だんだん慣れてきたようです。正解率が高くなってきました。

16:20 橋本山
見晴らしいの良い場所に出ました。ここでは、遠くに見える2つの目印から自分の位置を指定するやり方を習いました。この技も知っておくとよさそうです。

17:00 福徳寺
車道へ出ると講習終了!今日はさんざん頭を使いました~。でもとても勉強になりました。皆さん、お疲れ様でした!

17:10 東吾野駅到着(17:26発の西武線で帰路へ)

| 山の話題 | 04:35 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/145

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER