HOME > 定例山行記録 > 奥武蔵・秩父 > 武甲山 2008年11月9日

<<次の記事 前の記事>>

武甲山 2008年11月9日

秩父のシンボル武甲山
↑北麓の羊山公園・芝桜の丘から望む秩父のシンボル・武甲山(写真=事務局/撮影4月)

日程 : 2008年11月9日(日) 曇り
参加者:14名
◆行程
9:00 西武鉄道西武秩父線 横瀬駅 集合。
     駅から石灰石の採掘により激しく削られた山の姿を望む。
     ここでトイレを済ませ、タクシーに分乗し登山口へ出発。
9:15 生川 登山口到着
     身支度、準備体操、自己紹介。曇天ながら天気はなんとかもっていました。


9:20 生川 登山口出発
     御嶽神社の一の鳥居をくぐって出発。
     このコースは山頂にある御嶽神社への表参道となっており、
     途中まで舗装された参道を快調に歩き出しました。
     ここに1丁目の丁目石があり、山頂の52丁目を目指します。
9:55 林道分岐
     小休止のあと、舗装道から登山道へ。暗い人工林の中を緩やかな道を
     登っていきます。途中両親をひっぱる勢いのちびっ子!に抜かれたり、
     不動滝という滝を眺めたりしながら歩いていきました。

武甲山2008年11月9日

10:45 大杉 着
      ここが33丁目。樹齢500年というスギがお出迎えしてくれました。        
10:55 大杉 発
      つづら折りの旧表参道を、丁目石を数えながら登っていきます。  
11:50 武甲山山頂 着 集合写真・記念撮影など
      52丁目に到着。山頂からは秩父の市街や直下の石灰採掘現場が
      見えました。天気がよければ上信や日光の山も見えるとのことで、
      今回はうっすらと見えたハズ?
      武甲山山頂下には武甲山御嶽神社があり、境内で昼食休憩。
      トイレもあり、複数のハイカーで賑わっていました。

武甲山2008年11月9日 武甲山2008年11月9日

12:35 武甲山山頂出発
      下山は傾斜のきついカラマツ林を下っていきます。
      途中紅葉の山を眺めながら歩きました。
13:05 長者屋敷ノ頭 着
13:10 長者屋敷ノ頭 発
      尾根を下っていくと橋立川沿いの林道へぶつかり、
      それをひたすら歩いて駅へ向かいました。
14:35 秩父鉄道 浦山口駅着
      このあと、温泉組は横瀬駅まで戻って温泉へ。帰宅組はそのまま東京方面へ。
      全員無事に下山できました。みなさまお疲れ様でした!!

[YAMApedia] 山ペディア・山のデータベース Presented by Forever

秩父の人びとの暮らしと産業に
深くかかわってきた地元のシンボル
武甲山
ぶこうさん 標高1304m 埼玉県

あしがくぼ果樹公園から望む武甲山 芝桜の丘と武甲山

 荒川上流域に広がる秩父盆地に面してそびえる武甲山は、秩父の人びとの暮らしと産業に深くかかわってきた山である。良質の石灰岩を産出することから、かつては漆喰などの原料として、近代以降はセメント原料として採掘が進められ、とくに北面は山容が変貌した。その姿は痛々しくもあるが、それでも武甲山は秩父のシンボルとして威風堂々とそびえ、多くの登山者を迎えている。
 登山道は、頂上にまつる御嶽神社への参道でもあり、生川(うぶがわ)上流の一の鳥居から表参道を登り、橋立寺への裏参道を下るコースが代表的。展望所が設けられた頂上からは、秩父と奥武蔵の山並みをはじめ、浅間山や谷川連峰、赤城山など関東北縁の山々まで見晴らせる。

武甲山 頂上からの展望 武甲山 頂上からの展望



地図閲覧サービス2万5千分1地形図 秩父

記事・写真の無断転載、転用は固くお断りします。
Text & Photo by FOREVER Inc. Copyright(c) 2008 All Rights Reserved.




| 定例山行記録::奥武蔵・秩父 | 11:36 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/113

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER