HOME > 定例山行記録 > 上越・越後・信越 > 四阿山・根子岳 2008年6月8日

<<次の記事 前の記事>>

四阿山・根子岳 2008年6月8日

6月定例山行 四阿山・根子岳
四阿山
↑菅平牧場から望む四阿山(右奥)と根子岳(写真=事務局/撮影8月)

日時  2008.6.8(日)  日帰り
天候  曇り時々晴れ
参加者  合計14名(うち担当5名)

行程  
AM8:00上田駅集合・タクシーにて菅平牧場へ
     牧場9:00-小四阿10:10-中四阿10:45-根子岳分岐11:25~12:00(ランチ休憩)-山頂12:10-根子岳分岐12:35-根子・四阿鞍部(2039地点)13:05-根子岳13:45~14:00-牧場15:00
歩行時間  6:00(休憩0:50含む)

記録  
 AM8:00に14人が上田駅に集合、欠席1名を確認後、タクシー4台に分乗、50分程で牧場に着く。
 タクシー一台9700円程度でした。
 牧場より下は満開のレンゲツツジで、上に行くに従ってつぼみとなる。登山口のゲートをくぐり、美しい白樺と新緑のコントラストをずっと見ながら高度を上げて行く。
 ピンクのエンレイソウなどを見ながら小四阿のピークまで来ると、空が明るくなってきており、根子岳の稜線やスキー場の方まで一望できた。
 10:45に中四阿に着き、11:25に根子岳分岐の広い場所に着き、そこで30分程度のランチタイムとなる。
 食事後山頂に行き、12:10山頂で集合写真を取り、三角点を探しに行き、根子岳に向かう。
 分岐からコルまでの間の樹林帯に残雪が残っていたが、階段状でさして問題なく通過し、30分で下りきる。
 コルからは一変した美しい笹原で、開けた展望が美しい。一登りした後の岩場の影に残雪がある情報だったが、ほとんど解けて全く問題なかった。
 40分ほど登り、13:45根子岳着。コースタイム1:30のなだらかな稜線をめいめいのペースで下る。15:00牧場着。

思いのほか良い天気となり、ひと雨も降らず。
残雪覚悟、雨覚悟の上集まったにもかかわらず、さまざまに咲く花をのんびり見ながら歩き、広がってランチを楽しみ、牛や馬と草原に感動し、白樺と緑のコントラストをめいめいカメラに収めました。
オキナグサには会えませんでしたが、締めのソフトクリームも堪能できました。ここまで天気が持つとは。。。だれか晴れ女だったのですね。

[YAMApedia] 山ペディア・山のデータベース Presented by Forever

大展望と豊富な高山植物が魅力の名山
四阿山・根子岳
あずまやさん 標高2354m/ねこだけ 標高2207m
長野県・群馬県

四阿山・根子岳 四阿山・根子岳

 四阿山は、南麓から望むと、ゆったりと裾を広げた山容を見せ、その姿がまさに寄せ棟造りの屋根を連想させることから「あずまや」の名がある。頂上は長野・群馬の県境をなし、とくに群馬県では吾妻山とも書く。頂上からは抜群の展望を誇り、北アルプスをはじめ、浅間山や草津白根山、八ヶ岳を見晴らせる。
 四阿山の西には、花の山として名高い根子岳が寄り添うように横たわり、四阿山とともにひとつの独立した山域を形づくっている。
 南西麓の菅平牧場からは、四阿山と根子岳の2座を結んで周回することができ、花と展望に恵まれたコースとして人気を集めている。

四阿山・根子岳 四阿山・根子岳



記事・写真の無断転載、転用は固くお断りします。
[YAMApedia] Text & Photo by FOREVER Inc. Copyright(c) 2008 All Rights Reserved.


| 定例山行記録::上越・越後・信越 | 10:52 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/106

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER