HOME > 定例山行記録 > 上越・越後・信越 > 苗場山 2007年10月6日~7日

<<次の記事 前の記事>>

苗場山 2007年10月6日~7日

20071006苗場山

登山日:2007年10月6〜7日
参加者 :10名

お天気に恵まれ、あきらめていた紅葉も満喫でき、メンバーの足取りも揃って軽やかな山行となりました。(朝の木道を除いては。。。。)

20071006苗場山2

■ 1日目 10/6(土)朝曇り→快晴 

湯沢駅9:15→和田小屋10:10出発→中の芝(昼食)12:05→神楽ケ峰13:50→山頂ヒュッテ15:10着 

和田小屋では肌寒い曇天、見上げる山容は色づく気配は微塵も無く、皆意気消沈のご様子。
M隊長の先導でぐちゃぐちゃ坂を登るにつれ徐々に日差しもさしこみ、ツガの樹林帯を抜けた途端、ひとりずつの歓声が!
青空の広がる「中の芝」到着。それもパーフェクトな彩です。
山つつじの赤と草紅葉の黄とつがの深緑に囲まれ、これは山頂も期待できそう♪と
エメラルドグリーンの田代湖を見下ろしながらいざ山頂へ。

小松原湿原との分岐から鞍部の雷清水で小休止、頂上目指して最初で最後の急登突入。
目の前が開けたと同時にまた歓声!一面に広がる彩鮮やかな湿原とその四方はというと谷川連峰、赤城山、浅間山、志賀高原、遠くは穂高連峰の稜線が見渡せたのです。

苗場山はその特殊な台地上の湿原山頂に驚かせられますが、今回の苗場山は期待以上でした。
夕食までは地塘巡り遊歩道散策を、夜は満天の星空を堪能できました。

20071007苗場山3

■■2日目10/7(月)快晴

出発6:20→坪場7:00→3合目10:15→「楽養館」着10:50温泉&昼食。
小赤沢バス停発13:13に乗り込み、次バス停で直帰組5名と連泊組5名で解散。

朝は霜の張りつめた木道に難儀しながら子赤沢コースを下山。
小湿原の坪場に出たところで鳥甲山が正面に現れた。この山の縦走コースは岩場鎖場ありのタフな山容。後泊組の山行予定にしていたのですが、今回は却下。いつか挑戦したい山です。

残りの行程1時間の3合目で林道と合流。先着のツアーバスに温泉まで便乗させていただく。そのツアーの添乗員さんがメンバー1名のお知り合いだったので、温泉にたっぷり浸かれました。感謝!

Bookmark
地図閲覧サービス 苗場山
登山・観光情報 長野県栄村 新潟県湯沢町



| 定例山行記録::上越・越後・信越 | 10:28 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://forever.pressbox.jp/club/tb.php/10

トラックバック

  

PAGE TOP ↑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

リンク

OTHER