HOME

 前の記事>>

ホームページアドレス変更のおしらせ

ホームページアドレスが下記に変更になりました。
http://forever.pressbox.jp

    | Other | 01:06 PM | comments (x) | trackback (x) |

    基礎からの地図読み コンパスの使い方、こう覚えよう!

    月刊山と溪谷(山と溪谷社)の2011年11月号(10月15日発売)の特集は「道迷いを防ぐ、基礎からの地図読み術」。地図読みの基本を3つのステップでわかりやすく解説しています。この特集では、「アルペンガイド八ヶ岳に掲載したコースマップの取材・編集手法」のコラム記事をはじめ主要記事の監修を担当しました。

    また、この特集にあわせて、2011年10月18日配信のメールマガジン(YAMAKEI SQUARE MAGAZINE)では、等高線から地形を読むコツとコンパス(方位磁石)の使い方を身振り手振りで覚える方法を紹介しています。

    基礎からの地図読み コンパスの使い方

    なかでも、ぜひマスターしておきたいのがコンパスを使って進路や目標物の方向を確かめる方法。私は、地図読み講座で「コンパスの使い方は基本的に1通りです」と話します。応用や活用場面はいろいろあるのですが、基本的な操作さえ覚えてしまえば、地図読みがいっそう楽しくなり、現在地や進路の確認など、自分の判断に自信もついてきます。そこでコンパスの使い方、ここであらためてレクチャーしましょう。


    続きを読む▽

      | 登山・ハイキング | 10:58 AM | comments (0) | trackback (0) |

      第8回奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195km かろうじて完走

      2011年10月16日に開かれた第8回奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195kmを走ってきました。

      2週間近く風邪が長引き、トレーニングも控えていたので、ことしは棄権するつもりでしたが、当日になって体調が回復(した感じ)。半分くらい走ってリタイアでもいいや、という軽い気持ちで出走しました。

      第8回奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195km
      旧芦ケ久保小学校のゴールで待っていてくれた息子と。
      ボードのタイムは時刻(16時がタイムアップ)
      制限時間1分前のゴールだった



      続きを読む▽

        | ランニング | 09:34 AM | comments (2) | trackback (0) |

        この秋から中級編もスタート 2011年度後期・地図読み講座スケジュール

         おかげさまで「地図読み講座」がヤマケイ登山教室(企画=山と溪谷社 旅行実施=アルパインツアーサービス)の定期講座としてスタートしてから、これまでに延べ約1000名(机上講座約400名、実技講座約600名)の方々の参加がありました。この秋からは中級編がスタートし、カリキュラムをいっそう充実させる予定です。

        ヤマケイ登山教室 地図読み 講習会

         ところで、このところ山に行くと、要所要所で地図を開いている登山者をよく見かけ、気のせいではなく「地図が読める登山者が増えている!」実感がしています。地図読み実技講習会では、行き交う登山者から「地図読みの勉強会ですね。こんど参加してみようかな」とお声がけいただくことも。もちろん登山における「地図読み」の普及・啓蒙は、山岳関係団体や山岳ガイド・インストラクターらの尽力があってのことだと思いますが、微力ながらも成果が見えてくると、やり甲斐も増してきますね。

        ヤマケイ登山教室 地図読み 講習会




        続きを読む▽

          | 登山・ハイキング | 07:48 PM | comments (0) | trackback (0) |

          タフなレースです! 第2回秩父の名峰 武甲山トレイルラン レポート(2)

          秩父の名峰 武甲山トレイルラン

          スタートは、シバザクラで知られる秩父の羊山公園で、まず公園内の道路を1周、琴平丘陵ハイキングコースに入り、第1エイドのある大淵寺へ。ここまでは、ランナーが詰まって渋滞ぎみ。最後尾近くは、走るより早歩きくらいのペース。


          続きを読む▽

            | ランニング | 07:24 PM | comments (0) | trackback (0) |

            走り応えたっぷり! 第2回秩父の名峰 武甲山トレイルラン レポート(1)

            予想どおりタフなコースでした。走って登るには、手強いですね、武甲山。

            秩父の名峰 武甲山トレイルラン

            武甲山から小持山、大持山へと続くアップダウンの大きい山稜もトレランの醍醐味を感じさせてくれます。歩いても走っても、いいコースですね。

            秩父の名峰 武甲山トレイルラン

            秩父のシンボル・武甲山を舞台にしたトレイルランレースが始まると聞いて、これはぜひ走りたいと思っていたのですが、昨年(2010年)の第1回はあいにく仕事で都合がつかず、2011年6月12日に開かれた第2回大会にエントリー。結果はなんとか制限時間内にゴール。途中、4箇所のエイドステーションがすべて関門(制限時間内に通過する)になっているのですが、ともかくひとつひとつ関門を抜けるのが精一杯、記録や順位より、リタイアせずに走りきれたのが最大の収穫でした。


            続きを読む▽

              | ランニング | 08:51 PM | comments (1) | trackback (0) |

              おいしい山ごはん 「おきりこみ」鍋

              月刊山と溪谷(山と溪谷社)の2011年3月号はもうご覧になりましたか?
              特集は「おいしい山ごはん」で、山岳ガイドさんをはじめ、山岳写真家やライターのみなさんが、お得意の山ごはんレシピを披露。「速攻簡単でひと味ちがう。今週末から使える」38のレシピが紹介されています。


              これは近所のスーパーで売っている“煮ぼうとう”。ゆで麺なので調理が簡単。
              食卓で「おきりこみ」鍋をするときは、この麺を使います。


              私は、“具だくさん豚汁+おきりこみ”を紹介しました。昨年12月、奥武蔵・秩父エリアで開催しているハイキング教室の受講生のみなさんと日和田山で鍋ハイキングをしたときのレシピです。

              続きを読む▽

                | 登山・ハイキング | 10:12 AM | comments (0) | trackback (0) |

                奥武蔵・秩父ハイキング教室 2011年度前期スケジュール

                奥武蔵・秩父ハイキング教室(主催:よみうりカルチャー川越 講師:佐々木 亨)の2011年度前期(2011年4月〜9月)スケジュールが決まりました。毎月1回、埼玉県西部の奥武蔵・秩父に出かけ、四季の自然とふれあいながら、健康づくり、仲間づくりを楽しむ初心者向けハイキング教室です。

                奥武蔵・秩父ハイキング 奥武蔵・秩父ハイキング 奥武蔵・秩父ハイキング

                コースはいずれも歩行3〜4時間で、岩場などの難所のない初級者向け。登山・ハイキング経験がなくても、健康で、日頃から散歩程度の運動に親しまれている方なら、無理なく歩けるコースです。参加者は、30代〜60代まで幅広く、世代を越えて、和気あいあいと毎月のハイキングを楽しんでいます。


                続きを読む▽

                  | 登山・ハイキング | 08:32 PM | comments (0) | trackback (0) |

                  ミゾレ舞う厳寒の森林公園完走マラソン大会2011

                  2011年2月11日、武蔵丘陵森林公園(埼玉県)の天候は雪のちミゾレ、ときどき雨。気温は3〜4度くらいでしたが、走っているときの体感温度は氷点下だったと思います。

                  武蔵丘陵森林公園完走マラソン大会

                  今年に入ってそれなりに走り込みができ、かなりいいコンディションでレース当日を迎えたのですが、終日冷たいミゾレが舞う天候にはくじけました。


                  続きを読む▽

                    | ランニング | 07:16 PM | comments (0) | trackback (0) |

                    地図読みのハードル 等高線を理解するには?

                    登山における地図読みとは、等高線の判読に集約されるといっても過言ではありません。

                    ヤマケイ登山教室 地図読み講習会 大高取山

                    縮尺2万5000分の1地形図の場合、等高線は、高度10mごとの主曲線(細い線)と50mごとの計曲線(太い線)からなり、ゆるやかな傾斜地などでは、さらに5mごとの補助曲線(破線)を用いることもあります。

                    これらの等高線の「まがりくねり具合」や「詰まり具合」を読んで、尾根や谷、山頂、鞍部(コル)などの地形と、傾斜の緩急をつかんでいきます。尾根に上がる、谷を渡る、斜面をトラバースする、傾斜が大きく変わる、等高線からそうした場所を読み取ることによって、現在地の確認もできます。


                    続きを読む▽

                      | 登山・ハイキング | 10:52 AM | comments (0) | trackback (0) |

                        
                      <<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次の10件>>

                      PAGE TOP ↑

                      カテゴリー

                      最近のエントリー

                      最近のコメント

                      最近のトラックバック

                      バックナンバー

                      リンク

                      プロフィール

                      OTHER