• 地図読み講習会(5月 奥武蔵)

  • 地図読み講習会(5月 奥武蔵)

  • 地図読み講習会(5月 奥武蔵)

12月定例山行 高尾山

【日程】2016年12月4日(日)
【行先】高尾山
【参加者】計16名

穏やかな晴天に恵まれて、恒例の鍋山行ができました。
大勢の方に参加頂き、賑やかな山行となりました。

行程:高尾山口駅→展望台→女坂→薬王院→高尾山頂→一丁平にて鍋(約2時間)
→小仏城山→小仏峠→小仏バス停→高尾駅北口にて解散

IMG_0339

9:00 京王線高尾山口駅集合。晴天
9:05 あいさつ、自己紹介の後、出発。
駅周辺は登山客で大変混雑していました。
駅中、改札の外すぐ横のトイレは長蛇の列でしたが、
少し離れたところの公衆トイレは空いていました。
9:30 小休憩

9:55 東京高尾病院~展望台~十一丁目茶屋~サル園通過。
10:15 女坂、杉並木を経由して、薬王院到着。各自参拝。
10:40 トイレ休憩。

10:50 高尾山山頂到着。
参加者全員の集合写真撮影。
山頂から富士山がくっきり見えました。

IMG_0343

IMG_0344

IMG_0349

11:00 もみじ台通過。

11:30 一丁平に到着後、鍋ができそうな場所を見つける。2か所のテーブルに分かれて、
ひとつは調理用として使い、調理開始。
鍋は鶏しお鍋、スープカレー鍋の2種類。
食担の方の手早い調理のおかげで30分位の後、あつあつの鍋が出来上がりました。
スープカレーはクスクスと一緒に頂きました。
クスクスのつぶつぶ感とカレーが良く合いました。
鶏しお鍋は最後にご飯と卵を入れて雑炊にして頂きました。
とても好評でした。
鍋が終わる頃、デザートのチョコレートフォンデュを作ってくれました。
しばらくするとチョコレートの甘い香りが漂ってきました。
一口大のバームクーヘン、フルーツ(イチゴ、キュウイ、バナナ)、マシュマロ等を
チョコにつけて頂きました。中でもチョコ&バナナに人気がありました。
また、意外にも揚げせんべいもチョコに合いました!

IMG_0354

IMG_0357

IMG_0358

IMG_0360

IMG_0352

13:30 片付け終了。
13:40 荷造り、身支度をして出発。
出発前に集合写真撮影。

14:15 小仏城山で小休憩。
なぜか天狗の像がありました。
14:35 小仏峠通過。

15:15 小仏バス停到着。
15:40 バス出発
16:00 高尾駅北口到着。
バス下車後、解散となりました。
皆さん、お疲れ様でした。

IMG_0353

*******

年末恒例の忘年山行が、今年も盛況でしたね!!(^^)
鍋料理やシメご飯やデザートも山の上で出来ちゃうなんて、さすがOLメンバーはバラエティーに富んでます☆


11月定例山行 箱根金時山

【日程】11月12日(土)
【行先】金時山
【参加者】計5名

さわやかな秋晴れ‼とはちょっといかず
山頂からの富士山の展望は~という感じでしたが、
地蔵堂からのルートは快適でした(^^)

山行報告です

 8:30 新松田駅集合
 8:40 バス発
 9:17 地蔵堂バス停着
 身支度 トイレ
 9:30 出発
 金太郎生家跡通過
 9:55 夕日の滝
 金太郎が産湯をつかった滝と伝えられています。
 夕日の滝の名称は、夕日に映える美しさから名づけられたと言われていますが、毎年1月半ばに夕日が滝口に沈むところからつけられたとも言われています。

IMG_7883

10:20 東屋 小休止
 今回のコース(金太郎ハイキングコース)静かでほとんど人に会いませんでした。
11:00 小休止
11:45 丸鉢山
 ランチ休憩
 真正面に富士山を眺められるはずが、すっかり雲の中でした。
 5分くらい前までは見えていたようなのですが。
12:15 出発
 十二支の12のはしご階段のある最後の急登。

IMG_7888 (1)

IMG_7894 (1)

IMG_7895 (1)

12:50 金時山山頂着
 大勢の人で賑わっていました。
 富士山は雲の中から山頂がほんのちょっとだけ見えていました。

IMG_7897 (1)

IMG_7898 (1)

13:15 山頂出発
13:50 矢倉沢峠
14:15 金時山登山口下山

紅葉も楽しめた山行でした。
そのあとは、バスも渋滞なく湯本まで。
温泉とお蕎麦(はつ花)でしめて帰路につきました。

******
都内から日帰り登山ができる人気の秋の箱根!
渋滞もなく紅葉など楽しめた様子、山行日和でよかったですね(^^)


10月定例山行 金峰山

【日程】10月16日(日)
【行先】金峰山
【参加者】計9名

天気が心配でしたが、上空の空気がすっかり入れ替り秋の1日を満喫した山行となりました。
期待した紅葉は残念ながら、今一つでしたが、参加メンバー、和気あいあいと楽しい山行でした。

8:30 塩山発。予約したバスに参加メンバー、9人で乗り込み、出発。
途中、柳平で マイクロバスに乗り換え。9人乗りで貸し切り。
一番心配していた渋滞もなく予定の時刻より早く大弛峠に着きました。
しかし、駐車場は満杯でした。

10:07 トイレに行ったり、自己紹介をして出発

10:41 朝日峠着大きなケルンがありました。 5分間休憩

11:25 朝日岳着 たまた5分間休憩
北側の展望は今一つでしたが、南には富士山が見えました。爽やか

201610161003

201610161007

201610161015

201610161039

201610161032

201610161116小

201610161120小

201610161127小

12:30 金峰山着
富士山は雲に隠れたものの南アルプスはもちろん、八ヶ岳などなど、展望を楽しむこともできました。   
空気が冷たく寒かったです。記念撮影してお昼食。山頂は大勢でにぎわっていました。
五丈岩に登る人、多し。

201610161239小

201610161308小

13:20 金峰山発。

14:35 来た道を引き返し、朝日岳着
灰色のガスが辺りに立ち込め展望がなくなりました。寒い!気温4度

14:43 時折、青空も見えましたが、ガスの中、早々に出発。

201610161319小

15:12 朝日峠を通過

15:40 予定時刻よりやや早く、大弛峠着
OL貸し切りマイクロに乗って柳平へ。

16:40 柳平発

17:20 塩山駅着 定例山行終了 解散しました。お疲れさまでした。

********
天気にも恵まれ、空の青空と緑が美しいですね(^^)
貸切りバスの手配などもできるのがOLの強みですね♪


9月定例山行 秋田駒ヶ岳

【日程】9月24日(土)~25日(日)
【行先】秋田駒ヶ岳(日本二百名山)
【参加者】計14名

行程:
9月24日
8:00 田沢湖駅前集合。夜行バス組と駅前前泊組が合流。
8:15 8合目登山口行きバス出発。
9:14 8合目登山口到着。トイレと身支度を整え、自己紹介
9:30 八合目出発。
10:05 片倉展望地で休憩。田沢湖がよく見えます。
10:50 阿弥陀池到着。
11:15 男女(オナメ)岳登頂。集合写真撮影。

IMG_1322

IMG_1334

IMG_1336

IMG_1340

IMG_1352

11:45 昼食。阿弥陀池湖畔の避難小屋周辺で。
12:30 ムーミン谷目指して出発。すぐに急な下りです。慎重に下って振り返ると、岩と紅葉の素晴らしい景色が見えました。右手には煙が出ている山が。小岳かな?
13:30 駒池で休憩。ここでも集合写真撮影。だんだん火山ぽい山肌に変化してきます。遠くに少しだけコマクサも発見しました。

IMG_1365

IMG_1371

14:00 大焼砂通過。田沢湖が再び見えます。
14:50 横長分岐で休憩。温泉まであと少し。ひたすら階段を下ります。
15:50 国見温泉到着!

IMG_1382

IMG_1384

IMG_1396

IMG_1409

国見温泉は、緑色で源泉かけ流しの温泉でした。ほぼ私達の貸切だったので、混浴露天風呂も堪能しました。

9月25日
8:40 予定より早くタクシー到着。出発前に記念撮影。
9:20 田沢湖駅到着。解散。9時から開店していたお店でお土産を購入し、各自帰途につきました。

これ以上ないくらい良い天気で、紅葉の山歩きを満喫。下山後の温泉も楽しんで、充実した山行でした。参加した皆さん、お疲れ様でした。

★オマケ★
早池峰山山行報告。
解散後、盛岡で途中下車し、後泊して早池峰山に登ってきました。そのご報告です。

9月25日
10:48 盛岡到着。昼食。
12:40 宮古行きバス乗車。
14:12 川井で下車。宿の送迎。
14:40 民宿、フィールドノート到着。宿主は、槍ヶ岳山荘で働いていた方でした。早池峰山の東側、タイマグラ、という集落にある個性的な宿です。美味しいご飯をいただき、薪ストーブで沸かしたお風呂に入って就寝。

9月26日
8:00 宿の送迎で早池峰山小田越登山口へ出発。送迎往復1500円でやってくれました。
8:30 小田越から登山開始。
9:50 五合目通過。その後、ハシゴが一カ所ありました。
10:45 山頂到着。宿のお弁当で昼食。この時だけガスって、景色は×。晴れてれば岩手山や鳥海山が見えるそうです。山頂に避難小屋とトイレブースあり。携帯トイレは登山口と山頂で買えます。一つ400円。
11:30 下山開始。晴れてきた…
13:00 小田越到着。向かい側の薬師岳の方が紅葉きれいかも。迎えの車が来るまで、地元山岳会の管理人さんと雑談。四年前、左目を熊にやられて義眼を入れているという話をサラッとしてくれました‼︎
13:30 宿の車で川井のバス停まで送ってもらい、東京へ。

※花巻からのルートの方がアクセスしやすいと思います。今回、フィールドノートに泊まってみたいという目的があり、遠回り?になりました。花巻側の、河原の坊登山口は崩落により通行止めでした。やはり、ハヤチネウスユキソウの季節がオススメなようです。次回は7月頃に登ってみたいです。

*******

錦秋の秋田駒ヶ岳、草紅葉も綺麗ですね!(^^)
都心から東北の山へもOL山行は出掛けちゃうんですよね!温泉も堪能して良い山行でしたね!(^^)


夏山山行 北アルプス薬師岳

今年の夏山山行は、薬師岳2,926m。日本百名山。
ピストン組と、室堂への縦走組の2組に分かれ下山しました。

◆ピストン組◆
【日程】2016年7月30日(土)~31日(日)
【参加者】計5名(山行担当3名含む)

◆縦走組◆
【日程】2016年7月30日(土)~8月1日(月)※予備日8月2日(火)
【参加者】計4名(山行担当2名含む)

◆山行記録◆
7月39日(土):曇り/雨

5:30 JR富山駅南口タクシー乗り場に集合。
5:40 予約していたジャンボタクシー1台に全員乗込み出発。
・9名でちょうどいい人数。ザックなど荷物は後部にまとめて置けた。
・有峰への有料道路は前々日まで大雨の影響の崖崩れで通行不能だった。開通しててよかった!
・サルの群れに遭遇。親子サルもいた。
7:00 折立駐車場に到着。
・各自身支度を整える。登山口には自販機があった。
7:20 自己紹介
7:25 登山口から登山開始。樹林帯。
8:09 休憩➀
8:20 スタート
9:12 休憩➁
9:26 スタート
・撮影の人たちに遭遇。
10:12 休憩➂ ベンチ
10:25 スタート
・ライチョウに遭遇。ひなは見当たらず。
11:08 折立から6km、太郎平まで2kmの道標。
・五光岩ベンチは通過。
11:32 休憩➃ ベンチ
11:43 スタート
11:55 太郎平まで0.5kmの道標
・ニッコウキスゲ、チングルマの綿毛がたくさん。

IMG_3825  IMG_3830

12:12 太郎平小屋
・雨が降り出したのでベンチで雨具を整える。
・視界は不良。
12:40 スタート
13:00 薬師峠キャンプ場通過
・遠くから雷の音がする。
・雨が激しさを増し、きつい上りの登山道が濁流と化す。

IMG_3833

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

13:40 休憩➄ケルンがあるベンチ
・水分補給のみですぐにスタート。
14:50 薬師岳山荘着
・雨に濡れた雨具などを乾燥室に置くがスペースがなく難儀した。
17:40 夕食
・「やくし」とケチャップで書かれたオムレツが可愛かった。
・大部屋の壁際が寝床。大部屋に隙間なく布団が敷かれ足の置き場に難儀した。
・2つの布団で3人が寝た。
・2010年に新築された小屋でとてもきれいで快適。トイレの個室が3つしかなかった。
・水がなく、バケツの水をひしゃくで掬い手を洗う。
・水、お湯のサービスがなく、ペットボトルを購入し水補給を行う。
・日没の時間に霧が晴れ薬師岳、夕焼けが少しだけ見れた。

IMG_3838

IMG_3851

IMG_3876

7月31日(日):曇り

2:50頃、各々起床。
3:35 山荘スタート
・ピストン組はアタックザック持参。
・山頂までの間にピークが3つほどあった。
・ガスが濃く、視界が不良だった。
4:30 薬師岳山頂
・霧が晴れて、みるみる高い山が見えるようなってきた。
4:50頃 雲から御来光
・槍ヶ岳、穂高連峰、立山への縦走路がよく見える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_3888

IMG_3894

◆ピストン組山行報告◆

5:10 山頂で縦走組を見送り薬師岳山荘へ戻る。

山荘窓から「お帰り~朝食出来てますよ~」と女将さんらしき人からのお出迎え!

いってらっしゃい

ピストン組

6:01 早速朝食にありつく。生卵つき。
やっぱりお味噌汁が美味しい!

6:46 山荘にお礼を伝え一同下山へ。

8:24 薬師平からの岩場付近で虫に刺されるアクシデント。太郎小屋にてメンバーから薬を貰い塗ったものの腫れが酷くなり心配。のちほどブヨだったことが判明。

9:05 標高2000m付近で元OLの方にばったり会う。わあ~久しぶり!!と声を交わし、モンベルツアーで来た様子。山で知り合いに合うと盛り上がりますね!

11:45 最後の長い急坂がしんどかったが、無事に5名下山。

11:50 前日山荘で予約済みのまたもやジャンボタクシーに乗り、メンバーのご友人(こちらの方も元OLさん)に教えて頂いたopen したての温泉まで送って貰う。

13:30 温泉はエキゾチックなアジアンテイスト、センス良く、しかも貸し切りで羽を伸ばす!しっかり汗を流してすっきり!!

15:00 環状線の路線バスに乗り富山駅まで戻り、新幹線の手配を済ます。
富山に来たら旨い鮨を食べないと帰れないとのことで、一同いざ回転寿司へ。
まずはビールで乾杯!のどぐろとカワハギ肝のせの握りが最高に美味しく舌鼓みを打つ。食べてる間も次から次へと登山客が入ってくる。みんな鮨食べて帰るんだね!グルメなリッチ山行で大満足♪

◆縦走組山行記録◆

5:10 ピストン組からエールをもらい縦走組五色ヶ原山荘に向けてスタート。
・スタートからいきなり激下り、岩場の登り。
・山と高原地図のコースタイムでは、北薬師岳まで30分とあるが、いやいやもっとかかるし結構危険個所があった。
6:05 北薬師岳
・お弁当を食べたり休憩する。
・山頂にはおじさんのパーティと男性2人組と、私たち。
・ガスで視界がなかったが、東からの風を受け、西側にブロッケン現象(虹の輪)を見ることができた。束の間だった。
6:25 スタート
・岩稜と細尾根が続く。
7:35 ケルンがあるところで休憩
・防寒具など脱ぐ。
・天気、視界がよくなり、暑くなる。
7:44 スタート
7:55 間山通過
・池塘があった。
・樹林帯の尾根歩き。

IMG_3895

IMG_3904

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8:45 スゴ乗越小屋着
・民族音楽がかかる全体的にネパール色の小屋。
・水は煮沸して使用することで汲むことができた。
9:30 スタート
10:10 スゴ乗越、休憩
10:25 スタート
・視界がない急登の岩登り。
11:13 スゴノ頭、休憩
・広いザレた場所。野口五郎岳や烏帽子岳、赤牛岳がよく見え展望がよい。
・すぐに下り坂そして越中沢岳が眼前にそびえる。
11:32 スタート
・越中沢岳への登りはジクザクのアップダウン。大きな石に2度ほど登山靴がはまる。
・足場が悪く、標高をあげると大きな石をよじ登るように上がる個所が連続する。
・展望がいい登りなので高度感満載。ゴミの回収を行いながらゆっくり登る。
13:20 越中沢岳、休憩
・五色ヶ原山荘が見える。その前に第三の山、鳶山の登りがみえた。
13:48 スタート
・歩きやすいのっぺりしたトレイル。
・途中木道や樹林帯がある広い尾根歩き。
14:15ころ 遠くで雷が鳴る。風にのった雨粒がかかる。早歩きした。
・鳶山への登り、東側のカール沿いにチングルマ、オンダテのお花畑が広がる。
15:25 鳶山 休憩
・五色ヶ原山荘、山荘への木道、テント場、10個ほどの池塘、雪渓、明日向かう獅子岳、立山、後立山連峰、とても展望がよかった。
15:45 鳶山スタート
・木道の下り。お花畑。ユリが咲く。
・山荘までの道のりはほぼ木道。
16:20 五色ヶ原山荘着
・おもわず出入り口が普通すぎて行き過ぎ、山荘の方に呼び止められる。
・17時まで、お風呂が入れた。男性のあとに女性、アナウンスでみんなで入りに行く。湯船は広く、シャワーが3つ、温かいお湯だった。
・お風呂は、雪渓からの水が届いたときにしか入れないので、たまたまこの日は豊富に水が届いたとのことで入れた。
・部屋は角部屋で、4人のみの個室にしてくれた。
・17時から17:40までが夕食の時間。ご飯が少し固かった。(水が足りないからか?)
・外にテーブルとイスが2セットあり、ビールを外でのむ。立山連峰、劔、針ノ木岳などの後立山連峰がよく見える最高のロケーションだった。
・トイレの便座に便座カバーがしてあった。水洗トイレだった。

IMG_3909

IMG_3919

IMG_3957

IMG_3954

8月1日(月):晴れ/曇り

5:00 朝食。朝食会場から日の出、針ノ木岳の方から太陽がのぼる。
6:00 スタート
・木道、そして獅子岳を眼前に見ながらの下り。
6:40 ザラ峠
・獅子岳の登りは直登で展望良好。
・途中、ハシゴ2つとクサリの横這いがあり、またザレた傾斜個所が何か所がかり危険があった。
・獅子岳山頂間際に、クロユリ発見。眼下に黒部湖と黒部ダム。
8:00 獅子岳山頂
・ぴょこっとした山頂。眼前に雄山。携帯電話の電波が入るようになり電話も通じるようになる(要au)
8:18 スタート
・下りの鬼岳東面で少し休憩。眼前に龍王岳が迫る。
・雪渓を横切る個所は3回ほどあった。いずれも数歩で渡り切れる短さだった。
・岩稜の登り。下りの登山者も増えてきて、足場の悪いところで譲り合う場面が増える。
9:50 龍王岳山頂、休憩
・広い山頂、ベンチもある。

IMG_4023

IMG_4058

IMG_4086

IMG_4120

10:20 スタート
・室堂への分岐でメンバー1名が下山のため解散。
・小学生の登山の列とすれ違う。
10:53 一の越山荘
・トイレ休憩など。山荘前に小学生の団体が待機していた。
11:10 雄山に向けスタート
・小学生の団体が下りてくるのを待つ時間が長かった。
※富山の小学生は毎年夏休みに雄山登山をするとのこと。
12:10 雄山山頂
・雄山神社参拝
12:43 スタート
・ガスで登山道もよく見えなくなった。
13:03 大汝山休憩所
・休憩。大汝山山頂まで2分で登れるとのことで登ってみる。山頂は大きな岩の上だった。撮影待ちした。
13:45 スタート
・途中、富士ノ折立は通過した。その直後の下りに集中、ここで他のパーティーが怪我人の応急処置を行っていた。
14:15 真砂岳分岐
・分岐にデポして真砂岳ピストン。
14:45 分岐スタート
・大砂走の急な下り。ジクザクに下る。右手にカール。
・15:15ころ、右手にライチョウの親子発見。他パーティーが発見した。
・しばらくすると、空が怪しくなり、ゴロゴロ雷が鳴りだす。雨も少し降り出す。急ぎ足になる。
16:10 雷鳥沢ヒュッテのテント場着。
・雨に備えザックカバーをつける。あとは急ぎ足。
16:30 雷鳥荘、通過
16:48 みくりが池温泉着
・直後、大雨が降り出す。
19:00 夕食

8月2日(火)雲り/雨
8:00までに朝食。種類豊富なバイキング!ホテルみたいで感動。
9:00 チェックアウト
・秘湯の宿スタンプをゲット。
9:30 室堂バスターミナルと一の越の分岐で解散。

☆おまけ☆
9:30 メンバー2人は室堂バスターミナルへ、1名は一の越山荘に向かう。石畳の歩きやすい道だった。
10:10 一の越山荘
10:55 東一の越 カールのお花畑の中に登山道がある
12:28 黒部平分岐 道がついているが背丈以上の竹笹を掻き分ける。
13:00 ロッジくろよん
13:24 黒部湖駅 黒部ダムの観光放水が見れた
14:05 黒部ダム駅 トローリバスで扇沢へ、バスに乗換え信濃大町駅から18きっぷで帰宅。のはずが、集中豪雨のため大糸線運転中止。有明駅に1時間ほど留まり、JRの方が手配した代行タクシーに乗車し松本駅へ移動するハプニングがあった。松本駅から鉄道を乗り継ぎ、無事に帰宅できました。

**********
毎年恒例の夏山山行。今年は縦走するメンバーを募り、山頂から2ルートに分かれ下山。OL発足21年目にして初の試みでした(^^)
過去のOLでは2パーティーが頂上で待ち合わせる「集中山行」があり、集中山行を彷彿とさせる試みでした。ぜひ次回は集中山行を復活させていなあと思います(^^)♪


6月定例山行 入笠山

【行先】入笠山(にゅうかさやま) 花の百名山#48
【日程】2016年6月12日(日)
【参加者】計8名
【天気】晴れ 〔山頂16℃ / 山麓18℃:8時時点〕

南アルプス前衛の入笠山で、天空の花園ハイキングを楽しんできました。
日本百名山が22座見えるという山頂は360度大展望! 東正面には八ヶ岳、北の眼下には諏訪湖、南は甲斐駒ケ岳や鳳凰三山、そして彼方には富士山。
新緑とレンゲツツジ、沢山のお花を愛でながら高原の初夏を満喫しました。

(さらに…)


5月定例山行 高畑山・倉岳山

【日程】5月14日(土)
【行先】高畑山・倉岳山
【参加者】10名
【集合】9時 JR鳥沢駅
【天気】曇り

秀麗富嶽十二景の一つでもある今回の山行、富士山を眺めながら、新たな新人さんとの出会いに感謝し、春の新緑を楽しみましょう‼

(さらに…)


4月定例山行 青梅高水三山

【日程】4月10日(日)
【行先】高水三山
【参加者】 計11名
【天気】晴れ

奥多摩入門コースの高水山(759M)-岩茸石山(793M)-惣岳山(756M)を登ります。
新入会員さんのお試し山行を兼ねての山行です。みなさんで盛り上げていきましょう♪

(さらに…)


3月定例山行 伊予ヶ岳(千葉)

山行日:2016年3月12日(土)
参加者:4名

伊予ヶ岳は千葉にある山で唯一「岳」が付く山で す。また、千葉のマッターホ
ルンともいわれているそうです。
展望台から先は、ちょっとした岩登りがあって、標高差のわりには高度感を楽し
めます。
コースタイム的には短いですが、今年度初 の定例山行!のんびり春の山を楽し
みましょう!

(さらに…)


1月定例山行 北八ヶ岳

2015年度定例山行の締めくくりは、北八ヶ岳の白い森へ!
“ランプと星空の山小屋”に泊まって、真っ白なスノーワールドを一緒に楽しみましょう♪

*山行予定行程*
【日程】2016年1月30~31日
【集合】茅野駅10時15分

10時25分発のバスに乗車予定です。
下車の渋ノ湯は身支度するスペースがないため、人数によりバスをジャンボタクシーに変更します。

【行程】茅野~渋ノ湯~高見石小屋(泊)~茶臼山~縞枯山~北八ヶ岳ロープウェー山頂駅

※天候により2日目のルートを変更する場合があります。
※ロープウェー山頂駅で解散します。希望者は温泉にお立ち寄りください。

【装備】防水の登山靴、軽アイゼン、ロングスパッツ、冬用アウター上下(レインウェアでも可)、グローブ(指冷えます)、ストック(あった方がよい)、ゴーグル、行動食など

しかし当日は荒れ模様。
どうなったかというと、、、

(さらに…)