住んでいる街のキャッチフレーズ、思いつくままに

12642890_846381152139591_7017036926758356403_n

地域の活性化ビジョンを策定するための検討会で、ちょっといい感じのフレーズが思い浮かんだので備忘録がわりにアップ。

12549029_843188555792184_6838549759052103220_n

本当は地域の「課題」と「やるべきこと」を付箋に書き出すグループワークだったんですが、そこを飛び越えて、いきなりキャッチフレーズを書きたくなるんですよね、職業柄。写真は息子の保育園当時の運動会。子育てにはいい環境だなぁと思うまちです。

12540602_843659185745121_9170931927092274107_n

大都市ではないけれど、大自然があるわけでもないーーー。いわゆる郊外のベッドタウンにおける活性化ビジョンづくりで悩むのがこの点。ですが、それも特長かもしれませんね。写真の場所は我が家から徒歩7〜8分、息子もよく遊びに行く小川で、泥だらけになって帰ってきます。

12645265_845890202188686_7887866173679373567_n-1

鶴ヶ島市を代表する里景色です。この小川は、近年、護岸のコンクリが取り払われ、蛇行して流れるかつての姿に戻りました。春には菜の花まつりが開かれ、大勢の市民が集います。「恋する」というフレーズは、鶴ヶ島市の脚折地区で4年に一度開かれる「雨乞い」行事にも掛けています。

11225079_845980538846319_1243141918454684708_n

これが雨乞い行事のクライマックスシーンです。「雨降って地固まる」じゃなくて「雨降らして、地固める」と表現してみました。