「歩イントラリー」「歩ほえみタウン」 地域の健康づくり推進事業のアイデアとプラン

テーマは「ウォーキング普及」と「ウォークビリティ(歩きやすさ)」。それと「ディスカバー マイタウン(自分の暮らしている街を再発見しよう)」。歩ほえみタウン(歩いて笑顔になる街づくり)をスローガンに、好きな時に好きな道を好きなペースで歩く、健康ウォーキング普及のアイデアです。

「歩イントラリー」「歩ほえみタウン」地域の健康づくり推進事業のアイデアとプラン 埼玉県鶴ヶ島市

デザイン素材・mock-up画像:freepik http://jp.freepik.com/

市内の公園や史跡、公共施設、提携商業施設などを「歩イント」に設定。そこをめぐるコースはひとつに限定せず、市民参加の「ウォークビリティ」調査によって選定した歩きやすい道をマップに掲載。季節の行事に合わせてウォーキングイベントも年数回開催予定。もちろんジョギング、ランニングでもOK。各地に「歩ほえみ姉妹タウン」を広げ、連携して「日本一周歩イントラリー」なんて大掛かりな構想も!?

地域でのウォーキング普及のカギは、歩きたくなる街・歩く人にやさしい街づくり。「健康のために歩きましょう」というメッセージだけでは、なかなか一歩を踏み出せないもの。みんなが誘い合って歩きたくなる仕掛けが重要だと考えます。

クリエイティブワークで地域活動・地域経済をサポート

「歩イントラリー」「歩ほえみタウン」事業を
自治体や住宅地、別荘地で導入しませんか?

当社、編集プロダクション・フォーエバー(1985年有限会社設立/本店:埼玉県鶴ヶ島市/代表者:佐々木亨)が長年、培ってきた取材・編集・デザイン・DTP業務をはじめ、セールスプロモーション、映像制作など、クリエイティブワークで地域活動・地域経済をサポートします。

制作物の受託にとどまらず、市民参加型のシティプロモーション、デザインをテーマにしたワークショップ、健康づくりを推進するイベントなど、地域を元気にするプランを提供します。お問合せ・ご相談は、メールフォーム、フェイスブックでどうぞ。


コメントを残す