準天頂衛星「みちびき」試験サービス開始、個人的に利用実証してみました

2018年1月12日準天頂衛星「みちびき」4号機による衛星測位試験サービス開始をうけ、奥武蔵の物見山周辺でさっそく個人的に利用実証してみました。

準天頂衛星 みちびき 利用実証 スマホ GPS 地図 アプリ カスタムマップ 自作地図 登山 ハイキング
↑物見山の一等三角点(標高375.30m 北緯35°54′14″.0291 東経139°17′40″.3568)でGPSアプリとカスタムマップ(自作地図)の精度を検証。左:廉価な機種ながら「みちびき」に対応しているFLEAZ Que+N(型番:CP-L45s) アプリはジオグラフィカを使用 右:SIMなしのiPhone6。アプリはFieldAccess2を使用。事前にWi-Fi環境でアプリとカスタムマップをダウンロードしておけば、通信がなくても(圏外でも)GPS機能を使える。機種変更やキャリア解約後のスマホをGPS用にする手もありそう


正式な手続きを経ての利用実証ではないので、ここでは詳しい実証結果には触れませんが、2018年度から始まる実用運用は、登山・ハイキング、トレイルランニングなどの野外活動の安全性向上に大いに期待できると実感しました。あわせて、このところ取り組んでいるスマホGPS・アプリ対応のカスタムマップ(自作地図)の精度の検証も行いました。

準天頂衛星 みちびき 利用実証 スマホ GPS 地図 アプリ カスタムマップ 自作地図 登山 ハイキング
↑座禅岩 四等三角点 標高275.72m 北緯35°53′45″.0559 東経139°17′43″.6156

<実証日時・場所>
2018年1月14日 埼玉県日高市 物見山周辺

<使用機種名(スマートフォン)>
FLEAZ Que+N(型番:CP-L45s)
http://www.fleaz-mobile.com/queplusn/index.html
OS:AndroidTM7.0
GNSS:GPS(A-GPS)/ GLONASS / QZSS(L1/CAのみ)

<使用アプリケーション>
ジオグラフィカ
http://geographica.biz/

準天頂衛星 みちびき 利用実証 スマホ GPS 地図 アプリ カスタムマップ 自作地図 登山 ハイキング
↑冨士山 四等三角点 標高220.25m 北緯35°54′38″.6106 東経139°18′47″.4765

<測位実証地点>
座禅岩 四等三角点
標高275.72m 北緯35°53′45″.0559 東経139°17′43″.6156
物見山 一等三角点
標高375.30m 北緯35°54′14″.0291 東経139°17′40″.3568
冨士山 四等三角点
標高220.25m 北緯35°54′38″.6106 東経139°18′47″.4765

*各地点(±1m)で約3分間静止しスマートフォン画面を撮影

準天頂衛星 みちびき 利用実証 スマホ GPS 地図 アプリ カスタムマップ 自作地図 登山 ハイキング

GPSの精度については、ごくわずかな誤差が認められましたが、実用的には問題のないレベルです。ただし、スマホの機種とか、衛星信号を受信しやすい地形とか、条件によって変わるかもしれません。またウェイポイント(特定地点)だけでなく、トラック(軌跡)についても精度を検証してみる必要があるでしょう。

課題は、読み込むカスタムマップ(自作地図)ですね。GPSの精度が高いということは、当然、地図の精度も求められるし、見やすさも大事。とくにスマホでは地図を大きくクローズアップすることが多いはずなので、5000分ノ1や2500分ノ1といった大縮尺にも耐えられる地図が必要となりそう。

準天頂衛星 みちびき 利用実証 スマホ GPS 地図 アプリ カスタムマップ 自作地図 登山 ハイキング

今回はガイドブックに収録したハイキングマップをそのままの仕様で読み込みましたが、親切のつもりの注記がかえって邪魔になるケースもあって、紙地図なら紙地図に合ったフォーマットデザイン、スマホならスマホに合ったフォーマットデザインが重要と実感しました。

準天頂衛星 みちびき 利用実証 スマホ GPS 地図 アプリ カスタムマップ 自作地図 登山 ハイキング
↑登山道の記録は相変わらず手書き。これが一番、確実。もちろん紙の地図とアナログコンパスも必携。登山道の調査・ガイドブック執筆の取材では、まだまだスマホには取って代われない仕事も多い

<参照サイト>
みちびき4号機による「試験サービス」の開始について(2018年1月12日 内閣府宇宙開発戦略推進事務局)
http://qzss.go.jp/overvi…/information/trial-qzs4_180112.html
電子基準点で「みちびき3号機、4号機」の観測を開始 ~みちびきを24時間使用できます~(2018年1月12日 国土地理院)
http://www.gsi.go.jp/denshi/denshi45015.html
みちびきを利用した実証
http://qzss.go.jp/appli-demo/appli04_status.html
みちびき対応製品リスト
http://qzss.go.jp/usage/products/list.html


スマホGPSアプリ対応カスタムマップ サンプル版ダウンロード

登山 ハイキング 地図 制作 スマホ 地図アプリ GPSアプリ カスタムマップ

関八州見晴台・高山不動尊ハイキングマップ/白岩の滝・麻生山ハイキングマップ
GPS・地図アプリ対応サンプル版のダウンロードはこちら(Google drive)

関八州見晴台・高山不動尊ハイキングマップ TakayamaTrailMap.kmz
白岩の滝・麻生山ハイキングマップ ShiraiwaTrailMap.kmz

カスタムファイルの取り込み・表示等は、それぞれのアプリのマニュアルを参照ください。
ハイキングマップの情報は取材時点のものです。ファイルの再配布はご遠慮ください。

ジオグラフィカ(iOS、AndroidOS) http://geographica.biz/
FieldAccess2(iOS) http://dendrocopos.jp/fieldaccess/
スーパー地形(iOS) https://www.kashmir3d.com/online/superdemapp/


『詳しい地図で迷わず歩く!奥武蔵・秩父354km 特選ハイキング30コース』佐々木亨著 山と溪谷社

詳しい地図で迷わず歩く! 奥武蔵・秩父354㎞ 特選ハイキング30コース

「奥武蔵・秩父」エリアの延べ354kmにわたるハイキングコース(全30コース)を詳細な地図とともに紹介するガイドブックです。

奥武蔵・秩父に精通した著者がGPSを駆使した綿密な実踏調査を敢行。公共交通機関を利用し、日帰りで歩ける全30コースを収録。コースマップは2万5000分ノ1地形図に準拠。地形や植生を把握しやすい色彩に加えて、コンパス活用に役立つ磁北線を記入しています。また、迷わず歩けるよう登山口や分岐を拡大表示。もちろん安全確保のための注意喚起やアドバイスも充実させました。

さらに地形図の読み方やコンパス活用法の要点をコラム記事でわかりやすく解説。トレイルランニングにも魅力的なコース設定、複数のコースを結んでロングトレイル走破にもチャレンジできます。

単行本(A5サイズ)144ページ 定価:1500円+税
Amazonで購入


綿密な実踏調査にもとづく登山・ハイキング地図製作

編集プロダクション フォーエバー 地図製作 地図調製 地図制作 登山地図 登山マップ ハイキング地図 ハイキングマップ

実踏調査では、GPS機器の活用とあわせ、登山道の状況を野帳に克明に記録します

綿密な実踏調査にもとづく登山・ハイキング・ウォーキング地図製作は、当社の最も得意な分野のひとつ。国土地理院発行の地形図に準拠した緻密な登山コースマップをはじめ、視覚的に分かりやすいイラストマップなど、幅広い表現で地図製作を手がけています。

ジオグラフィカ スマホ GPSアプリ 地図アプリ 富士山 八ヶ岳 登山地図 ジオグラフィカ スマホ GPSアプリ 地図アプリ 富士山 八ヶ岳 登山地図

ジオグラフィカ スマホ GPSアプリ 地図アプリ 富士山 八ヶ岳 登山地図 ジオグラフィカ スマホ GPSアプリ 地図アプリ 富士山 八ヶ岳 登山地図

登山・ハイキング地図・制作実績(作品)はこちらへ


コメントを残す