Category: 制作実績

準天頂衛星「みちびき」試験サービス開始、個人的に利用実証してみました

2018年1月12日準天頂衛星「みちびき」4号機による衛星測位試験サービス開始をうけ、奥武蔵の物見山周辺でさっそく個人的に利用実証してみました。 ↑物見山の一等三角点(標高375.30m 北緯35°54′14″.0291 東経139°17′40″.3568)でGPSアプリとカスタムマップ(自作地図)の精度を検証。左:廉価な機種ながら「みちびき」に対応しているFLEAZ Que+N(型番:CP-L4


スマホ GPS・地図アプリ対応 ハイキングマップ サンプル版ダウンロード

ePubマガジン「週刊ヤマケイ」の読者プレゼントで配信した奥武蔵 関八州見晴台・高山不動尊ハイキングマップ(2016年4月28日号)、奥多摩 白岩の滝・麻生山 ハイキングマップ(2016年5月5日号)のGPS・地図アプリ対応サンプル版をアップしました。ファイルはGoogle Earthのkmz形式で、スマホのGPS・地図アプリでは、ジオグラフィカ(iOS、AndroidOS)、FieldAcces


奥多摩 白岩の滝・麻生山 ハイキングマップ 『詳しい地図で迷わず歩く!奥多摩・高尾384km』

4月20日、奥多摩の白岩の滝遊歩道から麻生山、日の出山に登り、つるつる温泉へと下山するラウンドコースを歩いてきました。 麻生山の南東面に発するタルクボ沢には、大小合わせて18の滝が連なり、そのうち最も大きい滝が白岩の滝です。滝は3段からなり、落差は延べ約36m。渓谷沿いに整備された遊歩道から、これらの滝を間近に見ることができます。 昨シーズンは、木橋の架け替えのため、白岩の滝付近を迂回していました


奥武蔵・関八州見晴台ハイキングマップ 『詳しい地図で迷わず歩く!奥武蔵・秩父354km』

4月22日、各地でサクラの開花が早まったこの春、奥武蔵では例年5月上旬に見ごろとなるヤマツツジが気になり、群生地のひとつ関八州見晴台(かんはっしゅうみはらしだい)へと足を運んできました。 関八州見晴台は、山伏の修験道場として栄えた高山不動尊(たかやまふどうそん)の奥ノ院を置くピーク。関八州とは、江戸時代の関東8国をいい、文字どおり関東一円の見晴らしを楽しめます。 近年は、地元の人々の手入れによって


とことん取材してつくりました!『詳しい地図で迷わず歩く! 奥多摩・高尾384㎞ 特選ハイキング30コース』

今回もとことん実踏取材をしてつくりました。 シリーズ1『詳しい地図で迷わず歩く! 奥武蔵・秩父354km』に続き、詳しい地図と分岐の拡大図が特長となるガイドブックです。シリーズ2の『奥多摩・高尾』編では、駅前やバス停周辺など、とくに登山口の拡大図を充実させました。 写真はこの取材で使った測量野帳(携帯ノート)です。現地では歩きながらコースの特徴を克明に記録し、帰ってから日本画用の絵の具で彩色します


首都圏1000kmトレイル2『詳しい地図で迷わず歩く!奥多摩・高尾384km』まもなく発売

首都圏1000kmトレイルシリーズの第2弾『詳しい地図で迷わず歩く!奥多摩・高尾384km』(佐々木亨著/山と溪谷社/2016年3月25日発売)の印刷前最終チェックが先週ようやく終わりました。 電子版も同時発売です。*画像はモックアップ(はめ込み合成)です。