Category: ブログ

奥武蔵・大高取山麓の「むらさき山」でミツバツツジが満開。春の越生は桃源郷

奥武蔵の里でもサクラが見ごろとなった2018年3月31日、埼玉県越生町の大高取山へ足を運んできました。 JR八高線・東武越生線越生駅に面した大高取山は、駅から歩けるハイキングコースとして親しまれていますが、今回は、越生駅からバスを利用し、終点の黒山バス停から歩きました。 黒山バス停は、黒山三滝や顔振峠、関八州見晴台へのハイキングコースの起点となっています。今回はバス停のすぐ東側の里山へ向かいました


外秩父・官ノ倉山で準天頂衛星「みちびき」利用実証とスマホGPSアプリ対応カスタムマップを検証

2018年3月25日、外秩父の官ノ倉山(埼玉県比企郡小川町)で、準天頂衛星「みちびき」衛星測位試験サービスの個人的な利用実証と併せ、スマートフォンのGPS・地図アプリに対応したカスタムマップ(自作地図)の精度や使い勝手を検証してきました。 使用機種は前回と同様、廉価な機種ながら「みちびき」に対応しているFLEAZ Que+N(型番:CP-L45s)とiPhone6(AU版16GB)。iPhone6


東丹沢 鐘ヶ嶽・日向薬師周辺で地図読み講習会

2018年3月18日(日)に東丹沢の鐘ヶ嶽・日向薬師周辺で、地図読み講習会初級編(旅行主催:アルパインツアーサービス株式会社)を行いました。 丹沢・大山の東麓には、古くから人々の信仰を集めた名刹や名所が点在し、それらを巡礼する道も踏まれてきました。七沢温泉郷の北東にそびえる釣鐘型の独立峰・鐘ヶ嶽へ登る道もそのひとつ。 七沢浅間神社をまつる頂上へと続く登山道には、大山と同じ二十八丁の丁石をはじめ、富


埼玉県鶴ヶ島市の「ふるさと納税パートナー企業」に参加しました

このたび弊社の所在地である埼玉県鶴ヶ島市の「ふるさと納税パートナー企業」に参加しました。2018年3月より記念品(返礼品)として著書を提供しています。 著者 佐々木 亨(ささき・とおる) 1961年生まれ。幼少の頃から家族で山歩きに親しみ、丹沢や八ヶ岳、北アルプスに登る。20代の頃は社会人山岳会に所属、ロッククライミングに取り組む。1985年に編集プロダクション・フォーエバーを設立。山岳ライターと


山の天気と地図読みを同時に学ぶ「山のリスク解決講座」を開催

都心では東京マラソンが開かれた2018年2月25日、山岳気象予報士の猪熊隆之さんとともにヤマケイ登山教室机上専科・第2回「山のリスク解決講座」で地図読み講義を担当しました。 会場(アルパインツアーサービス本社)はレース最終盤となる40kmポスト近く、先頭集団が通過する頃には、沿道の歓声がビル内にも届きました。 講習は、山の天気と地図読みの2部門、そして「山の天気と地図のちょっといい関係」と題して、


ロウバイの甘い香り漂う秩父 宝登山・長瀞アルプスで地図読み講習会

2月18日(日)、ロウバイの甘い香りに包まれた秩父・宝登山&長瀞アルプスで地図読み講習会初級編(アルパインツアー日本の山実践講習会 講師:山岳ライター・佐々木亨)を行いました。 「宝の山に登る」と縁起のよい名の宝登山は、岩畳の景勝で知られる長瀞のシンボル。山頂にはロウバイ園や梅百花園がつくられ、春は可憐な花と甘い香りに包まれます。 北風が冷たく、真冬の寒さでしたが、眩い日差しにはしっかりと春の訪れ


準天頂衛星「みちびき」試験サービス開始、個人的に利用実証してみました

2018年1月12日準天頂衛星「みちびき」4号機による衛星測位試験サービス開始をうけ、奥武蔵の物見山周辺でさっそく個人的に利用実証してみました。 ↑物見山の一等三角点(標高375.30m 北緯35°54′14″.0291 東経139°17′40″.3568)でGPSアプリとカスタムマップ(自作地図)の精度を検証。左:廉価な機種ながら「みちびき」に対応しているFLEAZ Que+N(型番:CP-L4